テーマ:

樹木希林の本

今読んでる本です。 生き方が参考になります。 カバンの中に、「風の市兵衛⑰」と樹木希林の「一切なりゆき」が入っています。 写真は、1月28日(月)JR西宮駅から新大阪へ移動中の車内のパネル広告で見つけました。 「モノを持たない、買わないという生活」は、私には理想的です。 「欲や終着があると、それが弱みになって、……
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陸王読みました

池井戸淳の新刊『陸王』が店頭にならんでいたので、早速購入して、読みました。 先週の出張中 新幹線の中で、3日間程で一気読みしました。 筋書きを書くのはやめておきます。 これから読む人の楽しみを奪いたくないので・・・ 600頁ちかくありました。 今週は出張予定なし・盆休みなしで働きます。 つらい・・・
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

佐方貞人

今読んでる本は、ミステリー作家『柚木裕子さん』の佐方貞人シリーズ。  『検事の死命』と『最後の証人』がテレビ朝日でドラマ化されて(2015年1月、2016年1月)いました。 主演は、上川隆也さん。 好きな俳優です。 3冊とも面白かった。 柚木裕子さんは、少女時代に『シャーロック・ホームズシリーズ』の大ファンだったとか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松山に行って、

3月18日に松山に行って、『坂の上の雲』を読みたくなりました。 取引先の人に松山名物を色々聞いてると頻繁に『秋山兄弟』が出てきます。 それで、むか~し昔に読んだのですが、読み直す事にしました。 昔の本は捨て去ったようで、見つからず。 買い直しました。 そしたら、帯にNHKBSで再放送とあるじゃないですか!  でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下町ロケット2:ガウディ計画

テレビドラマの下町ロケットが面白いので、先日発売の『下町ロケット2:ガウディ計画』(新書版より少し大きい)を買いました(小学館、1500円)。 移動中の新幹線の中や、夜中に4日間かけて、一気読みです。 ロケットから人体へ。 人工心臓の部品の製造にかかわる物語です。 前作から5年が経過しています。 ガウディ計画とは、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

インダストリー 4.0

硬い本も読みます。 第4次産業革命の全貌。 ドイツやアメリカが目指しているインダストリー4.0という新産業革命は、ソフトウェアーを使って、産業や社会、企業のビジネスモデルをこれまでとは全く別の次元、 4.0の世界に引き上げるもの。 ネットワークで情報をつなげ、コンピュータ、人口知能を活用して、生産や流通などの自動化を最適…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文庫本

そろそろ次の文庫本を読みたいな、と思って2冊買いました。 買うときには決め事があって、4∼5年以上前の 直木賞本、本屋大賞、推理小説賞のようななもを調べて、中古の文庫ショップで買います。 もうすぐ1999年の直木賞・宮部みゆき著の『理由』が読み終わります。 次も楽しみです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文庫本 : 読んでいます

佐々木譲著の警察モノに飽きたので、次に何にしようか考えていましたが、『海賊と呼ばれた男』が文庫になったので、駅で買って移動中に読んでいます。 作家はあまり好みではないんですが、本の内容は 想像よりもずっと面白い。  出光石油の創業者をモデルにした経済小説。 社員を一人も首にせずに、会社経営をし、明治・大正・昭和初期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高任和夫さんの本をほとんど読み終わったので、退屈していましたが、 先日出張の時、新大阪駅構内で、面白そうな文庫を見つけました。 『地層捜査』佐々木譲著です。  移動中に一気に読んで、良かったので、ブックオフで100円のモノを何冊か買ってきました。 警察推理小説です。  25日からのアメリカ出張に2-3冊持っていき、機…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

片付け中

この2週間ほど片付けをやっています。 自分の部屋の中がグチャグチャなので・・・・ 要らない本を捨てて捨てて、整理もやり直したり、珍しく頑張っています。 下の写真は大分片付いて所です。 まだ、本の前にはいろいろな小物が置いてあります。 年内は、少しづつ片付けていく予定です。  モノが少なくなると、なんか気分がスッキリする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成功のための習慣づくり

アッと言う間に読み終わりました。 本屋さんに沢山並んでいたのと、WBSで大分前に取り上げていたので読んでみました。 主体的に、夢を見続ける、優先順をつける、誰かのために、正しさでは相手の心は開かない、違うことの豊かさなど。 実践できればいう事なし。 でも自然に身についているものもある。 
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仕事もせずに読み進みました

ブックオフで偶然に買って、5月下旬から読み始めた高任和夫著の文庫本。 自分より少しだけ年上で、心理描写、文章がうまく、自分のフィーリングにも合って、 バス、電車、新幹線など移動中にどんどん読み進んでいます。 貪るように。 そのため、少し仕事に差し障りがでているかもしれません。 今週はブックオフに行く時間もなかったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文庫本

この頃、出張の移動中はメールをするか、文庫本を読むか音楽を聴いています。 最近読んでる文庫本は、高任和夫著が多いです。  この本は、ビジネス小説の題がついてますが、人生の債権奪還に読める文学風です。 少しだけ、銀行員のキャリアを生かした人助けの部分があるだけです。 自分の人生を探す旅のように読めました。 自分より少し上の年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高崎駅のポスター

販売支援をしている加工機のフェアーの手伝いで、群馬県高崎市に来ています。 初めて訪れました。 新幹線が止まります。 丁度長野新幹線と上越新幹線(新潟行き)が分岐するところでした。 東京から約50分の場所です。 想像より大きな街で、駅を降りたところに『富岡製糸場』のポスターを見つけました。 高崎から上州富岡まで35分のよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筑前煮にトライ

写真は筑前煮です。 今、作り置きお惣菜にトライしています。 2週間に一品が目標です。 そして、年寄に優しくて、時間がたっても食べられるおかずが作れるようになりたいと思って始めました。 主婦の友の本『作りおきそうざい』のレシピを参考にしています。 『お弁当、持ち寄りにも、昔ながらの常備菜120品』と表紙にあります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

移動中に読んでます

先週も名古屋・東京と慌ただしく出張が入ってきました。 それで、新大阪駅で移動前に文庫本を探していたら、池井戸潤の『ルーズベルト・ゲーム』が発売中だったので、1冊買いこんで新幹線に乗りました。 企業の野球チームの戦い、その企業のライバル企業との戦い、それらの運営。 面白いので、新幹線の往復で読み切ってしまいました。 4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近の本 : 孫子

本屋さんに立ち寄るのは好きで、電車で外出の時は西宮駅エビスタにある本屋か、梅田駅近くのジュンク堂にふらりと入ります。  3月6日阪神西宮駅のブックファーストで、雑誌を見ていたら、NHKテレビテキスト3月号『100分de名著』『孫子』(524円也)を見つけました。 パラりとみてみると面白そうだったので買いました。 難しい本は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三連休②

7月12日~15日(海の日)の三連休は、六甲山へドライブ以外は、映画を見て、読書三昧でした。 6月30日ドイツに行く時セントレア空港で買った「池井戸潤」の小説「俺たち花のバブル組」が面白かったので、「池井戸潤」の本を読みあさっています。 今5冊目を読んでいるところです。 池井戸潤のTV番組が7月から2本始まり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飛行機の中で読んだ本

日本からドイツ・ドレスデンまで、正味の飛行時間は、12時間程です。 飛行機の中では、少しの睡眠と、映画を3本(最近のシュワルツネッがー主演物を1本、ダイ・ハード、オペラカルテット)を見て、残りの時間は小説を読んでいました。 最近読んだ中では、痛快で面白かった。  セントレア空港内で買って、ドレスデンに着くまでに一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本 : マグロ船・・・

昨日から関東から2泊3日の出張です。 今読んでる本は、「会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ」(斎藤正明著、マイナビ新書)。  すでに会社人生は終わって自営業ですが、 マグロ船と同じで、不便だからなんでもやるようになって、人生も少しは楽しくなった気がします。 読み始めなので、もう少し経ってから読書感想をのせま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山田方谷

好きなTV番組 「たかじんNoマネー ~人生は金時なり~」(土曜日午後1時TV大阪) を見ていたら、知らなかった興味ある人物を発見しました。 岡山の山田方谷です。 幕末頃、備中松山藩(岡山)の財政改革をなした人(経費削減、新しい物産の産業振興、産業振興のための公共事業=海運・道路の整備)で、特に自分の給料も下げてオープンに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拉致と決断

今週初め 東京出張中に仕事のことを思いめぐらしていたら寝つきが悪く、夜明け前の朝4時頃目が覚め 眠れなくなり、iPhoneのネットラジオNHK「らじる・らじる」の単調な番組で、眠ろうと思ってスウィッチ・オン。 丁度「ラジオ深夜便・蓮池薫さん対談」をやってました。  現実の拉致体験や北朝鮮での生活など、驚くベキことも多く、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来年は走りたい

先週 福岡久留米の印刷会社の社長を訪問した時、やけに体が引き締まってシャープに見えたので、「どうしたのですか?」と聞いてみたら、「走っています」と返事が来た。 ハーフマラソンにも今年3回出場して、完走できるようになったそうです。 記録は1時間40~50分とおっしゃってました。 食べるものや量は変わらず、走ることで体重が5~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本 : 鉄のあけぼの

今読んでいる本です。 ビジネス雑誌を眺めていたら面白そうなので、アマゾンで買いました。 上下あってそこそこのボリュームがあります。 川崎製鉄の創設者「西山弥太郎」(現JFEスティール)の創設者(1893~1966)で、主たる舞台は戦後20年代の神戸になっています。 土光敏夫、松下幸之助、盛田昭夫、本田宗一郎に匹敵する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

iPadで新聞や雑誌などを読むようになって、リアルな本を読む機会が減りましたが、現在読んでる本です。 野球の落合博満(前中日監督)の「采配」。 リーダー(勝つための)とコーチング(人を育てる)について、落合流の考えがつづられています。 孤独に勝たなければ、勝負に勝てないという言葉に感じるものがあります。 ビジネスもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男の作法

最近読んでる文庫本です。 「男の作法」池波正太郎著新潮文庫438.-。 本の中味です・・・・ 鮨屋で、飯のことをシャリとか、箸のことをオテモトとか、醬油のことを紫とか、あるいはお茶の事をアガリとか、そういうことを言われたら、昔の本当の鮨屋だったら「いや」な顔をしたものです。 それは鮨屋仲間の隠語なんだからね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本 ... スティーブ・ジョブス 神の遺言

長崎から戻って、翌日は東京、金曜日は岐阜と出張があったので、移動中に読む本を 新大阪駅中にある本屋で 2冊買いました。 1冊目は、先日無くなったアップル社の創業者「スティーブ・ジョブス」もの。 「スティーブ・ジョブスの脅威のプレゼン」も読みましたがが、こちらは仕事(プレゼンの資料作り)で大いに役立ちました。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

官僚たちの夏

名古屋出張途中に 新聞を読みたくなって、新大阪で産経新聞を買いました。 産経新聞は朝刊でも100円で、一番安い。 一面の下に「産経抄」というコラムがあり、その中に「官僚たちの夏」(城山三郎著)の案内記事があり(記事は 今の政治状況を批評しているのですが・・・・)、出張から帰り本屋で入手です。 確か、2年ほど前にTBSでテレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一週間ぶりのブログです。 東京に出張していて、バタバタしていました。 毎日が ホテルに帰って、バタンQでした。 仕事以外は、何もできませんでした。 ブログ記事が何もないので、本の話題をアップします。 先週末 フラリと立ち寄ったJR西宮駅前にあるフロンテ西宮中にある本屋を散歩していて、新しい本を2冊見つけたので、購入。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マーケティング : Version 3.0

堅い話をすこし、専門書も少しは読みます。 最近買ったのは、マーケティングの神様「コトラー」の「コトラーのマーケティング 3.0 」です。 本文から抜粋です: (この写真にポインターをあてて、ダブルクリックし、拡大すると表が見えます) モノを売込むだけの「製品中心」が「1.0」、顧客満足をめざす「消費者志向」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more