女性が主人公の映画3本

画像


最近 女性が主人公の映画を3本続けて観ました。
「キャプテン・マーベル」
「たちあがる女」
「ビリーブ」 未来への大逆転

熱心に見たのは「ビリーブ」。
何が正しいのか悪いのか、男女の差別との闘い、好きなモノに熱心に取り組む努力する姿勢に感心しました。

弁護士になりたい夢がかなわなかったものの、
アメリカの最高裁判所で、女性でに判事になった人の話でした。

アメリカのロースクール(法学部)の授業シーンもあり、予習・復習しないと答えられないな~と
厳しいものだと感じました。

私にとって良質の映画でした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック